祝意と感謝

報道されていますように、昨日、2019年のF1世界選手権第9戦オーストリアGPで、ホンダF1エンジンを搭載したアストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン選手が優勝しました。

ホンダがF1に復帰してから厳しい時間を過ごし、今年からレッドブルと組んで戦ってきました。開幕戦こそ表彰台に乗りましたが、その後は厳しい状況が続いていました。

昨日のレースでもフェルスタッペン選手が2番グリッドからのスタートでしたが出遅れ、優勝は遠退いたかと思えました。

しかしながら、フェルスタッペン選手の素晴らしいドライビングと、それに応えるマシンとエンジンによって、逆転でのトップチェッカーとなりました。

とても素晴らしいレースでした。

僭越ながら弊社と致しましてもとても励まされる思いです。

逆境を乗り越えて素晴らしいパフォーマンスを発揮するエンジンを作り上げたホンダの皆様、おめでとうございます。
そして、ありがとうございました。
2019年7月1日
株式会社ニック




- 戻る -